「 浮遊 する 水 」 
私は、彫刻を始めた頃から彫刻の宿命ともいえる重力から自由になり、軽やかに空間に存在するものを造りたいと夢見てきた。
ある時、故箱崎総一先生より生命の大切さを教わり、それ以降「浮遊する水」をテーマに制作を続けている。
浮遊するとは、重力からの開放と同時に、事物は止まることなく、常に変化し移り変わることを表している。
たとえれば、山の懐に湧き出た水が川となり、やがて大海に注ぎ、それが雲になり、また雨として大地に帰る。
それは、仏教が説く輪廻観も意味している。また、水は生命の根源である。古代の哲学者タレスは「万物は水から生まれ水に帰る」という言葉を残している。
現在私は、室町・桃山時代に生まれた日本人的美意識を基に、現代の空間造形を模索している。この世界を押し進めることで、 新たなフィールドの創造につながることを願っている。

パブリックコレクションより


「こころの花」1997 山形県天童市


ふるさと 2002/JR寒河江駅


「円縁」 越後妻有アートトリエンナーレ2003


浮遊する水 1996 文京区昭和小学校

パブリックコレクション

山形市役所/ユーゴスラビア/寒河江市ハートフルセンター/ファーレ立川/江戸川区総合区民ホール/多摩区総合庁舎/現代彫刻美術館/福島第2原子力発電所/慈恵会医科大学/茅ヶ崎市立病院/安田女子大学/国土交通省/代官山アドレス/関西電力本社/白金アエルシティ/東海大付属病院/山形空港ビル その他

松田重仁ブログはこちら >>
●略歴●
1959 山形県に生まれる
1977 山形県立寒河江高等学校卒
1984 多摩美術大学大学院修了
日本美術家連盟会員
多摩美術大学非常勤講師
1980 二科展(2013年まで出品)
1980  《'81特選/'01安田火災美術財団奨励賞/'04会員推挙》
1981 瀧冨士美術賞受賞
1984 ユーゴスラビア木彫シンポジウム
1985 東北現代美術協会展?02まで(山形美術館)
1986 浜松町東芝ビル彫刻展(東京)
1987 ギャラリー山口(東京)/ 彫刻動物園(栃木県立美術館)
1987 みちのくの造形(宮城県美術館)
1988 昭樹会(三越本店/東京)/ 現代木刻フェスティバル(岐阜)
1991 韓・日現代作家展「風の予感」(韓国長安美術館)
1992 For oneself’92シンポジウム(山形)
1993 日本と海外 現代作家タピストリーと彫刻展(草月会館/東京)
1994 コンテンポラリーアートIN YAMAGA(二宮美術館/大分)
1995 未来のノスタルジー(山形美術館/山形)
1995 現代アートの彫刻展Inj城下町(城内小学校/神奈川)
1996 13+13(スロベニア)/ 木の造形旭川大賞展(旭川美術館/北海道)
1997 日本橋高島屋(東京)《'98.'01.'03.'06.'09.'12.'15も開催》
1999 東大小児科めだかの学校と新進気鋭の作家たち(SPACE K・YAJIMA GALERIE )
2000 幻想庭園と木彫アート展(ダイナシティ/神奈川)
2000 「いすのゆめ」プロジェクト参加(霞城セントラル/山形)
2001 木との語らい(聖路加国際病院/東京)
2001 YEAR-END EXHIBITION (以降毎回出品 ギャラリーせいほう/東京)
2003 日比谷公園100年記念事業「流木アート」(日比谷公園/東京)
2003 越後妻有アートトリエンナーレ2003(新潟)/ 野外造形展(昭和記念公園/東京)
2004 第23回損保ジャパン美術財団選抜奨励展新作秀作賞受賞(東京)
2004 アートマート21展エルパラ賞(GEIC/東京)
2006 エコの森(ダイナシティウエスト神奈川)/ 東京アートコレクション(ビックサイト/東京)
2007 現代彫刻美術館「松田重仁 展」/ 東京都目黒区
2010 台湾&日本国際木彫芸術交流展(台湾)
神戸アートマルシェ2010(兵庫)
2011 韓国清州国際彫刻シンポジウム(韓国)
2013 韓日選抜現代美術作家展(韓国)
2015 上方銀花(大阪)/大地の芸術祭(新潟)
ラジオインタビュー:聴くにはこちら →
    

“Transmigration of water”
inspires me with a sense of life. The process of water
circulation from clouds to land, to the ocean, and then back to the clouds is the symbol of airiness, or “releasing from the gravity”, and is also the symbol of powerful life stream.
As Ancient Greek philosopher Thales, for example, asserted water to be the principle of all things, I can feel the energy of life from water.
When I was young, I could learn the meaning of life from Soichi Hakozaki (1928-1988), a prominent psychologist. And since then, I have been creating sculptures with the sense of “water transmigration”.
Now I seek to associate the sense of water with the Japanese aesthetic cultivated in the Muromachi and the Momoyama periods, and hope that those sensitivities will lead me to new ideas and fields of the contemporary sculpture.
April 2010  Shigehito Matsuda
松田重仁プロフィール(about the Artist)
1959 born in Yamagata
1977 Graduated from Sagae High School
1984 M.A. in Fine Arts, Tama Art University
Member of Nika Art Association, Member of Japan Artists Association, Part-time lecturer at Tama Art University

His History of Art, Exhibition and Award
Nika Art Exhibition (1980-2013), won the special prize in 1981, Yasuda Kasai Fine Art Foundation Outstanding and Rising Artists Award (2001), selected as its member (2004)
International TAKIFUJI Art Award (1981)
International Wood Sculpture Symposium 1984 in Yugoslavia
Tohoku Modern Art Associational Exhibit (1985-2002)
Sculpture Exhibition at Hamamatsu-Cho Toshiba Building (1986)
Sculpture Zoo at Tochigi Prefectural Museum of Fine Arts (1987)
“The Tohoku Image Michinoku Design and Art” at the Miyagi Museum of Art (1987)
Exhibit at Nihonbashi ? Mitsukoshi Takashimaya “Sho-ju Kai” (1988)
Modern Wood Carving Festival in Japan (1988)
Modern Art Exhibit “Kaze no Yokan(風の予感)” by Korean and Japanese artist in Jangan Museum, Korea (1991)
For oneself’ 92 Symposium in Yamagata (1992)
“Contemporary Artist, Sculpture and Tapestry” at Sogetsu Gallery, Tokyo (1993)
“Contemporary Art in Yamaga” at Ninomiya Museum, Oita (1994)
“Future of Nostalgia” at Yamagata Museum, Yamagata (1995)
Modern Art and Sculpture Exhibit in “Castle Town”, Kanagawa (1995)
“13+13” in Slovenia (1996)
The Asahikawa Prize for Contemporary Wood Art at Asahikawa Museum, Hokkaido (1996)
Exhibit at Nihonbashi Takashimaya, Tokyo (1997, also in 1998, 2001, 2003, 2006, 2009, 2012and 2015)
“A School of Killifish and Young Creative Artists in Japan supported by University of Tokyo Department of Pediatrics” at Space K Gallery and Yajima Galerie (1999)
“Fantasy Garden and Art Exhibition of Wood Sculptures” at Dynacity, Kanagawa (2000)
collaborated with “Dream of A Chair Project(いすのゆめ)” at Kajo Central, Yamagata (2000)
“The talking with the wood” Exhibition at the Saint Luke’s international Hospital, Tokyo (2001)
“YEAR-END EXHIBITION” at Gallery SEIHO, Tokyo (2001-)
Driftwood Art for Centennial Affair Project of Hibiya Park, Tokyo (2003)
Echigo-Tsumari Art Triennial 2003, Niigata (2003)
Outdoor Art Exhibition at Showa Commemorative National Government Park, Tokyo (2003)
Won the “Outstanding Rising Artists Award” founded by Sompo Japan, Tokyo (2004)
Art Market 21 Exhibition “El Para Prize”, Tokyo (2004)
“ECO Forest(エコの森)” exhibition at DynacityWest, Kanagawa (2006)
Tokyo Art Collection at Tokyo Big Sight, Tokyo (2006)
Solo show at the Museum of Contemporary Sculpture, Tokyo (2007)
Cultural Exchange Exhibition of Wood Sculpture between Japan and Taiwan (2008)
Kobe Art Marche 2010, Hyogo (2010)
International Sculpture Symposium in Cheongju, Korea (2011)
Korea and Japan International Exhibition Of Contemporary Art, Korea (2013)

このウィンドウを閉じる